関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第 5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6112

タイトル: 作为“人学”的东亚文化交涉学―基于史学立场的一个倡言―
タイトル(その他言語/よみかな): East Asian Cultural Interaction Studies as the Study of Man : An Historian’s Proposal
著者名: 陶, 德民
キーワード: 文化交渉学
人学
泰纳
钱谷融
山田辰雄
培理
吉田松阴

际关系人物
人物研究
論文発行年月日: 2012年2月1日
出版者: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian Cultural Interaction Studies
巻: 5
開始ページ: 3
終了ページ: 9
抄録: What is the essence of Cultural Interaction Studies? For the answer, the author cites, based on his own research experience as an historian, a famous phrase-“it is the study of man”-fi rst used by the renowned French humanist Hippolyte A. Taine (1828– 1893) for defi ning the meaning of Literature. This is because man is the creator and inheritor of cultures, the actor of cultural interactions and the bearer of the consequences of such interactions. And the author emphasizes the importance of mutual understanding of different ethnic groups though close research on key persons in recent history, so as to discover the increasing interconnectedness of the modern world.
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6112
ISSN: 1882-7748
シリーズ番号/レポート番号: Vol.5
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第 5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1-01-01-TAO Demin.pdf639.08 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP