関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第 5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6119

タイトル: 境界神としてのサルタヒコ
タイトル(その他言語/よみかな): Sarutahiko: the God of the Boundary
著者名: 張, 麗山
著者の別表記: ZHANG, Lishan
キーワード: サルタヒコ
チマタノカミ
境界
道祖神
方相
土公
論文発行年月日: 2012年2月1日
出版者: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian Cultural Interaction Studies
巻: 5
開始ページ: 103
終了ページ: 113
抄録: Sarutahiko is well known god from Japanese mythology. An indication of his popularity with the populace can be seen in the more than ten other names the god also has been given. Moto’ori Norinaga discusses Sarutahiko in his Kojikiden and argues for the multiplicity of the god’s personalities. Nevertheless, there are numerous aspects of the god’s origin that remain unclear. Most of the research is in linguistics, anthropology, literature and other fi elds; however, there is very little that examines the god from the larger vantage of East Asia. This essay turns to documents related to the mythology of the Kojiki and the Nihongi and compares this myth with similar myths found throughout East Asia to re-evaluate Sarutahiko’s traits. In particular, the essay focuses on the function of the god through pursuing one of his names, Chimata-no-kami.
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6119
ISSN: 1882-7748
シリーズ番号/レポート番号: Vol.5
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第 5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1-08-32-ZHANG Lishan.pdf898.88 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP