関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第 5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6130

タイトル: 早期中國人編纂的日語教材―以《東語簡要》、《東語入門》、《東語正規》為例
タイトル(その他言語/よみかな): The Early Japanese Language Textbooks Compiled by Chinese : Dong yu jian yao, Dong yu ru men, and Dong yu zheng gui
著者名: 陳, 娟
著者の別表記: CHEN, Juan
キーワード: 日語教科書
東語
玉燕
陳天麟
唐寶鍔
論文発行年月日: 2012年2月1日
出版者: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian Cultural Interaction Studies
巻: 5
開始ページ: 281
終了ページ: 303
抄録: This essay explores the development of early Chinese edited Japanese language teaching materials. The three textbooks – Dongyu jianyao, Dongyu rumen and Dongyu zhengui – are anayalsed as representative development as all three are early exemplars of Japanese textbooks for Chinese students and refl ect the contemporary purpose behind the study of Japanese. The form as well as the changes in the awareness of Japanese refl ect the development of a control over the knowledge of the Japanese language. At the same time, with the corresponding development of an increased need for foreign languages, the Chinese editing of a Japanese language book is seen as an inevitable trend. These three textbooks were referred to as examples and sources in later textbooks and were extremely infl uential.
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6130
ISSN: 1882-7748
シリーズ番号/レポート番号: Vol.5
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第 5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2-08-36-Chen Juan.pdf783.12 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP