関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第 5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6132

タイトル: 19世紀後半東アジア海域における英国P.&O.汽船会社の航運
タイトル(その他言語/よみかな): The P.&O. Company Shipping Activities in the Sea of East Asia During the Late 19th Century
著者名: 松浦, 章
著者の別表記: MATSUURA, Akira
キーワード: 東アジア海域
P.&O.汽船
香港
上海
横浜
論文発行年月日: 2012年2月1日
出版者: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian Cultural Interaction Studies
巻: 5
開始ページ: 327
終了ページ: 342
抄録: In the mid-19th century, many European and American ships began to appear in Southeast Asia. Some of these ships belonged to the Peninsular and Oriental and Steam Navigation Company – a company founded in London during the early 19th century and commonly known as P.&O. – as part of the company’s development of the shipping industry in Asia. Soon after the European establishment of trade with Japan, the P.&O. Company founded the Shanghai, Hong Kong and Japan route, which began operating in 1864. The shipping company’s activities in East Asia also contributed greatly to population movement. This thesis describes the late 19th-century East Asian Seas, the P.&O. Shipping Company’s activities and the resulting regional cooperation.
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6132
ISSN: 1882-7748
シリーズ番号/レポート番号: Vol.5
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第 5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
3-02-04-MATSUURA Akira.pdf852.6 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP