関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第 5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6138

タイトル: 狩野芳崖の後期作品とフェノロサ
タイトル(その他言語/よみかな): Kano Hōgai’s Late Works and Ernest Francisco Fenollosa
著者名: 石田, 智子
著者の別表記: ISHIDA, Tomoko
キーワード: 狩野芳崖
フェノロサ
鑑画会
《悲母観音》
《仁王捉鬼》
論文発行年月日: 2012年2月1日
出版者: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian Cultural Interaction Studies
巻: 5
開始ページ: 407
終了ページ: 423
抄録: This thrust of this essay is to consider the changes and the relationship of the various infl uences in Hōgai’s works through a comparison of two works, Kannon with Hibo Kannon, and an analysis of Niōsokki. From an analysis of these works, the newness of Hōgai’s later works can be seen in his technical use of ink painting and colour painting. Two other examples unrelated to motif are the uniformity of his brushstrokes and an expressive “smearing”. Hōgai’s late works refl ect a wide range of elements: designs inherited from the early Edo period, the infl uence of techniques that appeared at the end of the Edo period and early Meiji period, techniques from Western painting, and Fenollosa’s theories. The relationship between Hōgai and Fenellosa cannot be reduced to the simplistic statement that “Japanese culture had changed after the acceptance of Western culture”. It should, I suggest, be seen as a mutual exchange. Hōgai’s late works can only be understood as the product of a cultural exchange of multiple periods, places and people
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6138
シリーズ番号/レポート番号: Vol.5
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第 5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
3-08-28-ISHIDA Tomoko.pdf2.69 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP