関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第 5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6139

タイトル: 青木繁の構想画に見る日欧の美術潮流―壁画的性格をめぐって―
タイトル(その他言語/よみかな): Murals and Japanese and European Trends in Aoki Shigeru’s Kōsō-ga
著者名: 髙橋, 沙希
著者の別表記: TAKAHASHI, Saki
キーワード: 青木繁
黒田清輝
藤島武二
構想画
壁画的性格
論文発行年月日: 2012年2月1日
出版者: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian Cultural Interaction Studies
巻: 5
開始ページ: 425
終了ページ: 448
抄録: This article examines the kōsō painting style Kuroda Seiki attempted to establish in Japan, and focuses on one characteristic element of this style: a mural or wall-painting quality. Also established in this essay is the infl uence of Raphael Collin, Pierre Puvis de Chavannes, and Ferdinand Hodler who originally infl uenced Kuroda and Fujishima Takeji with their use of mural characteristics. Focusing solely on the mural quality renders it possible to analyse those works that fall outside the kōsō painting mould, making it therefore possible to discover new perceptions in kōsō painting. This then allows for an investigation in the kōsō painting and mural elements in the works of Aoki Shigeru.
資料種別: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6139
ISSN: 1882-7748
シリーズ番号/レポート番号: Vol.5
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第 5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
3-09-29_TAKAHASHI Saki.pdf3.25 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP