関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
02 文化交渉学研究拠点
Institute for Cultural Interaction Studies, Kansai University (ICIS)
 >
周縁の文化交渉学シリーズ >
Vol.7 ベトナム・フエ研究報告―周辺集落と外部からの視点 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/6286

Title: キン族村清福から見た明郷天后宮
Other Titles: Thiên Hậu Cung of Minh Hương Viewed from Thanh Phước ( A Kinh Ethnic Group Village)
Authors: 末成, 道男
Keywords: 中国移民
華人
明郷
宗教センター
キン族集会所亭

関公
媽祖
Issue Date: 1-Mar-2012
Publisher: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
Shimei: 周縁の文化交渉学シリーズ7 『フエ地域の歴史と文化―周辺集落と外からの視点―』
Start page: 219
End page: 235
Abstract:  本論は、350年前ベトナム中部に到着した華南の一移民集団が、現在に至るまでホストであるベトナム社会の構造に合わせ、如何に独自のかたちで同化してきたかを考察しようとするものである。  フエの社会、文化は、紅河デルタを中心とする北部ベトナムに比べ、比較的新しく開拓形成され、その歴史的地理的環境の影響を受け、またベトナム最後の王朝の首都がおかれたこともあって、独自の特徴を持つに至った。さらに、現代の工業化の影響をサイゴンやハノイのように直接受けていないため、伝統をかなり色濃く残している。本論では、このような特色を持つ中部村落の信仰が、中部王朝の形成後まもなく中国より渡来した明王朝遺臣の後裔である明郷の人々の信仰にどのような影響を与えているかを、具体的な資料をもとに提示した。  フエ市郊外Hương Vinh 社明ミンタイン清村にある天后宮(通称Chùa Bà)は、華人とキン族の中間にある明郷の信仰中心として、きわめて特色のある存在である。これまでの調査資料と、野間、西村ほか(2009)にもとづき、その特徴をキン族村落の一つの典型である清福村と比較しながら逐ってゆきたい。
type: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6286
ISBN: 978-4-9906213-2-2
Series/Report no.: Vol.7
Appears in Collections:Vol.7 ベトナム・フエ研究報告―周辺集落と外部からの視点

Files in This Item:

File Description SizeFormat
1-1-9SUENARI Michio.pdf1.95 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP