関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
02 文化交渉学研究拠点
Institute for Cultural Interaction Studies, Kansai University (ICIS)
 >
周縁の文化交渉学シリーズ >
Vol.7 ベトナム・フエ研究報告―周辺集落と外部からの視点 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/6299

Title: フエ地域におけるキン族の城隍神とタインフック村の事例
Other Titles: The Village God (Thành Hoàng) of the Kinh People in Huế and case of Thanh Phước
Authors: チャン, ディン・ハン
福田, 康男
Keywords: 城隍神(タインホアン)
清福(タインフック)村
潘粘(ファン・ニエム)
勅封状
開耕神
Issue Date: 1-Mar-2012
Publisher: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
Shimei: 周縁の文化交渉学シリーズ7 『フエ地域の歴史と文化―周辺集落と外からの視点―』
Start page: 601
End page: 611
Abstract:  キン族は15世紀、南進によってチャンパ人居住地であったフエ地域にキン族の村を立てた。村では、最初に村をたてた人を開耕人とよび人神として奉った。またその一方で、キン族のアイデンティティーを保持するため城隍神も奉った。19世紀末から20世紀前半、阮王朝は、人神である開耕神を格上げし、城隍神と同一視する内容を記した勅封状を各村に下賜した。王朝が村支配を高めようとした理由からである。このような過程について、筆者は特にタインフック村の例から実証を試みた。
Description: 原著:チャン ディン・ハン 翻訳:福田康男
type: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6299
ISBN: 978-4-9906213-2-2
Series/Report no.: Vol.7
Appears in Collections:Vol.7 ベトナム・フエ研究報告―周辺集落と外部からの視点

Files in This Item:

File Description SizeFormat
2-1-11TRAN Dình Hang.pdf961.6 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP