関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
02 文化交渉学研究拠点
Institute for Cultural Interaction Studies, Kansai University (ICIS)
 >
周縁の文化交渉学シリーズ >
Vol.7 ベトナム・フエ研究報告―周辺集落と外部からの視点 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/6301

Title: キン族から見た明郷(ミンフオン)の特徴―隣接村地霊における宗教儀礼の比較より
Other Titles: Characteristics of Minh Hương Viewed from Kinh Ethnic Group: A Comparison with Religious Rites in the Neighboring Village, Địa Linh
Authors: 末成, 道男
Keywords: 中国移民
華人
明郷
村の宗教センター
ソム(村内の地域区分単位、日本の組に相当)単位の儀礼
Issue Date: 1-Mar-2012
Publisher: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
Shimei: 周縁の文化交渉学シリーズ7 『フエ地域の歴史と文化―周辺集落と外からの視点―』
Start page: 237
End page: 248
Abstract:  本論は、350年前ベトナム中部に到着した華南の移民集団明郷がホストであるベトナム社会構造に合わせ、如何に独自の形で同化しているかを、隣接キン族村の地霊において観察した年頭祈安儀礼忌祭を比較することで明らかにしたものである。
type: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6301
ISBN: 978-4-9906213-2-2
Series/Report no.: Vol.7
Appears in Collections:Vol.7 ベトナム・フエ研究報告―周辺集落と外部からの視点

Files in This Item:

File Description SizeFormat
1-1-10SUENARI Michio.pdf2.78 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP