関西大学学術リポジトリ >
0400 東西学術研究所 >
02 文化交渉学研究拠点
Institute for Cultural Interaction Studies, Kansai University (ICIS)
 >
周縁の文化交渉学シリーズ >
Vol.7 ベトナム・フエ研究報告―周辺集落と外部からの視点 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/6311

Title: バオヴィン集落の族形成
Other Titles: Clan formation in Bao Vinh
Authors: 井上, 充幸
Keywords: バオヴィン
開耕三族
十二尊族
家譜
Issue Date: 1-Mar-2012
Publisher: 関西大学文化交渉学教育研究拠点(ICIS)
Shimei: 周縁の文化交渉学シリーズ7 『フエ地域の歴史と文化―周辺集落と外からの視点―』
Start page: 85
End page: 121
Abstract:  本報告は、フエ郊外のバオヴィンにおいて撮影・収集した家譜史料や文書、および地元の古老たちからの聞き取りの内容を紹介しつつ、それらに基づき、15世紀から現在に至るまでのバオヴィンの歴史を、村の内部からの視点により素描したものである。15世紀から18世紀にかけ、范族・呉族・黎族の「開耕三族」が順次移住し、バオヴィンの基礎を築いた。そして19世紀に、新来の氏族が阮族・阮文族を中核とする「十二尊族」として結束し、先住の「開耕三族」に対抗しつつ、村内における地位を向上させていったのである。
type: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6311
ISBN: 978-4-9906213-2-2
Series/Report no.: Vol.7
Appears in Collections:Vol.7 ベトナム・フエ研究報告―周辺集落と外部からの視点

Files in This Item:

File Description SizeFormat
1-1-5INOUE Mitsuyuki.pdf22.64 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP