関西大学学術リポジトリ >
1300 国際部 >
国際部-雑誌発表論文等 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/6765

Title: インターアクション言語運用能力の向上を目指して : インタビューというタスクの再考察
Other Titles: A Communicative Task Reconsidered : Interview for L2 Interactional Competence Development
Authors: 池田, 佳子
Author's alias: IKEDA, Keiko
Issue Date: 31-Mar-2005
Publisher: 国際基督教大学日本語教育研究センター
Shimei: ICU日本語教育研究
Volume: 1
Start page: 45
End page: 58
Abstract: 本稿は昨今注目を集めつつある、インターアクション言語運用能力をテーマとする萌芽的研究の報告である。教室内という限られた枠内では、学習者の対話スキルの向上は一種の挑戦と言っても良いだろう。本稿では特に「インタビュー」という対話のジャンルを取り上げ、積極的に学習者を実践的にインタビューアとして参加させることによりこの能力の向上を図る方法を考察した。ICU夏期日本語コースC4レベルでは、研究調査法の一環としてインタビュータスクの導入を しているが、このようなカリキュラムは実践的参加の機会を学習者に与えるのに最適であると言えるだろう。タスクをどのように導入し、学習者をどのように指導すれば最も効果的な能力習得が期待できるかはこれからの調査の課題である。本稿内では実際の学習者のパフォーマンスを分析しそこから考察できることに基づいたカリキュラムの改善提案を提示している。
type: Departmental Bulletin Paper
Rights: (C) 国際基督教大学日本語教育研究センター このデータは国際基督教大学日本語教育研究センターの許諾を得て作成しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/6765
ISSN: 18800122
NCID: AA12054895
Text Version: publisher
Appears in Collections:国際部-雑誌発表論文等

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1300-20050331-03.pdf982.43 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP