関西大学学術リポジトリ >
1300 国際部 >
国際部-雑誌発表論文等 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/6787

Title: 真偽疑問文(Yes-No Interrogative)が促す会話とは?: OPI形式の2者対面インタビューの場合
Authors: 池田, 佳子
Author's alias: IKEDA, Keiko
Issue Date: 2009
Publisher: カナダ日本語教育振興会
Shimei: Journal CAJLE
Volume: 10
Start page: 67
End page: 88
Abstract: 本研究では、日本語母語話者のOPI(口頭能力インタビュー)形式対面会話資料を対象とし、会話分析法を用いてインタビューイが産出する質問発話の構造分析、およびその質問発話に続く回答者と質問者のやりとりの展開について質的に考察する。本稿では特に真偽疑問文(Yes-No Interrogatives)を取り上げる。YNI は一般に単純な回答を引き出すのみであり、会話の展開への貢献度が低いとの理解があるが、本研究で考察したOPI談話資料では、YNI は自然会話の中で必ずしも非周辺的な役割に留まらず、むしろ会話の進行を促すこともあった。本稿はこのように会話展開に貢献するYNIの仕組みを微視的な分析によって明らかにしようとするものである。
type: Journal Article
Rights: (C) カナダ日本語教育振興会 このデータはカナダ日本語教育振興会の許諾を得て作成しています。
URI: http://hdl.handle.net/10112/6787
ISSN: 14815168
Text Version: publisher
Appears in Collections:国際部-雑誌発表論文等

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1300-20090000-04.pdf18.41 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP