関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第36巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6839

タイトル: 抑うつ気分が顔の表情認知に及ぼす影響
タイトル(その他言語/よみかな): The effect of depressive mood on face recognition in non-clinical individuals
著者名: 関口, 理久子
吉津, 潤
著者の別表記: SEKIGUCHI, Rikuko
YOSHIZU, Jun
キーワード: face recognition
depressive mood
non-clinical group
attentional biases
表情判断
抑うつ気分
非臨床群
注意のバイアス
論文発行年月日: 2005年3月25日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 36
号: 2
開始ページ: 79
終了ページ: 94
抄録: This research investigated whether depressive subjects in non-clinical groups can recognize accurately facial stimuli displaying different intensities of sadness (3 levels), happiness (4 levels) and angriness (4 levels) compared to non-depressive subjects, and whether depressive subjects in non-clinical groups show attentional biases to recognize the weak intensities of sad facial stimuli as sad faces compared to non-depressive subjects. Undergraduate female students were screened by BDI, and divided into two (high-depressive and low-depressive) groups. The measures were response ratio and response latency. The results of this experiment were as follows: 1) In the recognition of happy and angry faces, depressive subjects did not differ from non-depressive-subjects, and could recognize accurately expression on female faces in proportion to the intensities of expression, and judged subtly expressive male faces as happy or angry. 2) In the recognition of sad faces, depressive subjects could recognize accurately expression on female faces in proportion to the intensities of expression, but judged subtle expressive male faces as sad much more than non-depressive subjects. 3) Irrespective of depressive tendency, female subjects recognized accurately expression on female faces in proportion to the intensities of expression, but judged subtly expressive male faces as happy,angry or sad. The result suggests that depressive subjects in non-clinical group do not show significant evidence of attentional biases for facial stimuli displaying different intensities of expression. 本研究では、怒り、喜び、悲しみの顔刺激の表出強度を数段階にした写真刺激を用いて、非臨床群をBDIによりスクリーニングし、高うつ群と低うつ群に分け、顔の表情判断について以下の仮説を検討した。1 )高うつ群で表情判断の正確さが損なわれるのであれば、3感情のどの表出強度の判断も抑うつ傾向の 低い被験者よりも劣っている。2 )もし高うつ群にcontent-specificな注意のバイアスがあるならば、悲しい顔の表情判断では高うつ群の方が表出強度がわずかな表的でも敏感に悲しいと認知をするが、怒りと喜びではどの表出強度でも表情判断において低うつ群と差はなく表出強度に応じて判断の正確さを増す。実験の結果から以下の点が明らかになった。1 )怒った顔と笑った顔では、高うつ群はどの表出強度でも低うつ群と差はなく、女性顔については表出強度に比例した判断の正確さが示され、男性顔については真顔に比べて他の全ての表出強度で表情ありと判断した。2)悲しい顔では、女性顔では高うつ群と低うつ群に差はなく表出強度に応じて判断の正確さが増したが、男性顔では微妙な表情判断では高うつ群の方が高い比率で表情ありと判断する傾向にあったが、高うつ群も低うつ群も真顔に比べて他の表出強度で表情ありと判断した。3)抑うつ傾向に関わらず3表情すべてについて、女性顔では表出強度に応じて判断の正確さを増したが、男性顔では真顔とそれ以外の表出強度で判断比率の差が認められた。以上の結果から、仮説1は支持されない結果となった。仮説2については、怒った顔や笑った顔では両群間に差はなく、表出強度に応じて判断の正確さを増すという点は支持されたが、悲しい顔の表情判断では、高うつ群の方が微妙な表情つまり表出強度がわずかでも敏感に悲しいと認知をするという点は、女性顔については支持されず男性顔については明確な結果は得られなかった。したがって、本研究の結果から非臨床群については上記の仮説は支持されなかった。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/6839
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第36巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20050325-03.pdf4.71 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP