関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
関西大学社会学部紀要 >
関西大学社会学部紀要-第28巻 第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6921

タイトル: 記憶と海馬
タイトル(その他言語/よみかな): Memory and The Hippocampus
著者名: 関口, 理久子
著者の別表記: SEKIGUCHI, Rikuko
キーワード: hippocampus
Longnitive map
working memory
longterm potentiation(LTP).
海馬
認知地図
作業記憶
長期増強(LTP)
論文発行年月日: 1996年11月30日
出版者: 関西大学社会学部
雑誌名: 関西大学社会学部紀要
巻: 28
号: 1
開始ページ: 63
終了ページ: 80
抄録: This article considers the involvement of the hippocampus in memory functions. Recent evidence is summarized concerning: the amnesic syndrome caused by lesion of the medial temporal love,research or the cognitive map theory and the working memory theory in the rat using electric recording and hippocampal lesions, and the electrophysiological and nuerochemical approaches in the study of synaptic efficiency and neural mechanisms.記憶機能と海馬に関する研究について,まず,研究の端緒となった側頭葉内側部の損傷による記憶障害の臨床例について概説する。次に,主にラットを被験体として用いた損傷実験や電気的活動記録などの方法による実験における研究から,認知地図説や作業記憶説などの海馬機能を考察する研究についてまとめ,さらにニューロンのシナプス伝達の可塑性に関する研究における電気生理学的および生化学的にアプローチについて概説する。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/6921
ISSN: 02876817
書誌レコードID: AN00046982
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学社会学部紀要-第28巻 第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-19961130-02.pdf5.97 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP