関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
社会学部 >
社会学部-雑誌発表論文等 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/6937

タイトル: NFRJ(全国家族調査)レポート NFRJ-08Panelにおける調査票の設計―研究課題とクリーニングを視野に―
タイトル(その他言語/よみかな): NFRJ (National Family Reserch of Japan) reports : Questionnaire design for the NFRJ-08 panel: elaboration of research topics and data cleaning methods
著者名: 保田, 時男
著者の別表記: YASUDA, Tokio
論文発行年月日: 2011年4月30日
出版者: 日本家族社会学会
雑誌名: 家族社会学研究
巻: 23
号: 1
開始ページ: 89
終了ページ: 95
抄録: NFRJ-08 Panel (全国家族調査パネルスタディ ; National Family Research of Japan, 2008-2012 Panel Study)は,学会員の有志によって進められているパネル調査プロジェクトである.この調査はNFRJ08(第3回全国家族調査)の回答者のうち継続調査への協力を応諾してくれた者を対象としており(最終的に1879名),2009年1月のNFRJ08を第一波として,1年ごとに2013年1月の第5波までの実施を予定している.本レポートでは,NFRJ-08Panelの(とくに第2波の)調査票をどのような意図と手続きで設計したかを順に説明する.調査票の設計においては,クリーニングの方法も一つの大きなポイントとなったので,第5節ではクリーニングの手続きについても簡単に説明する.このような裏方の手続きは公になりにくいが,実際的に調査研究を行う際には重要なプロセスである.学会で共同利用されるデータの収集過程を周知するとともに,類似の調査プロジェクトの参考資料となることを企図している.
資料種別: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/6937
ISSN: 0916328X
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:社会学部-雑誌発表論文等

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20110430-10.pdf4.63 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP