関西大学学術リポジトリ >
0900 大学院の研究プロジェクト >
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 >
文化財保存修復研究拠点 >
Semawy Menu-volume 4 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/7836

タイトル: プトレマイオス1世による都市アレクサンドリアの文化政策 : <図書館>とセラピス神をめぐって
タイトル(その他言語/よみかな): The Cultural Policy of Ptolemy I in the Ancient City of Alexandria: The Great Library of Alexandria and an Anthropomorphic God Called Serapis
著者名: 森, 貴史
著者の別表記: MORI, Takashi
論文発行年月日: 2013年3月4日
出版者: 関西大学文化財保存修復研究拠点
雑誌名: Semawy Menu
巻: 4
開始ページ: 117
終了ページ: 129
抄録: After Alexander the Great died, his successor Ptolemy I, known as Ptolemy Soter, became the ruler of Egypt and set about making the Mediterranean city, Alexandria, not only the center of politics, but also the center of learning and culture. Soter also founded the Great Library of Alexandria (hereinafter referred to as the Great Library), and the Great Library became most famous for its collection of cultural and intellectual works in the ancient world. All the remains and sites, however, were under water and their historical details are unclear. "Mouseion" had also the Great Library, and many top scholars and intellectuals were brought together to contribute to the development of the academic achievements during the Hellenistic period. It is also said that the Great Library played an important role in the Greek translation of the Old Testament, "The Septuagint," the translation of the seventy interpreters. The policies on religion included the creation of Serapis, an ancient Egyptian religion. Serapis was actually a composite of the Egyptian god and the Greek god, and was created to form a spiritually integrated world of both the Egyptian and Greek people. As the Ptolemy Dynasty in Egypt began to fade, the Great Library as well as Serapis decreased in strength. Nevertheless, the culture of Alexandria, the ancient academic city, and the characteristics of the Great Library are still worth reviewing because their concept is a prototype of criteria for modern universities and libraries.
大王アレクサンドロスの死後、エジプトの統治者となったプトレマイオス1世(ソテル)は、地中海沿岸都市アレクサンドリアを、政治の中心地だけでなく、文化の中心地にもしようとした。かれが設立したアレクサンドリアのく図書館〉は、古代世界でもっとも有名な知の殿堂となった。しかし現在、その遺跡はすべて水没して、いっさいが不明である。 ムセイオンとこの<図書館>は、たくさんの優れた知識人が集うこととなり、ヘレニズム時代の学術の発展に貢献した。ギリシア語訳の聖書『セプトゥアギンタ』 (70人訳聖書)の成立にも大きな役割をはたしたとされる。また、宗教政策としては、セラピス神創造があげられる。これによって、ギリシア人とエジプト人のふたつの神を統合した神セラピスをつくることで、両市民の精神世界の統合をめざしたのである。やがて、プトレマイオス朝とともに、<図書館>やセラピス信仰も衰退していったが、学術都市アレクサンドリアの文化や<図書館>は、現代の大学や図書館の原型となっているため、いまもなお一顧するに足る対象であるだろう。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/7836
書誌レコードID: AA12563866
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:Semawy Menu-volume 4

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20130304-10.pdf3.35 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP