関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
総合情報学部 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第39号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/7882

タイトル: Our Stolen Sustainability Unsafe Eden Contaminated by Environmental Hormones
著者名: ATSUJI, Shigeo
UEDA, Kazunori
FUJIMOTO, Ryosuke
著者の別表記: 阿辻, 茂夫
上田, 和範
藤本, 良介
キーワード: sustainable decision-making
systems pathology
organizational disaster
論文発行年月日: 2013年8月10日
出版者: 関西大学総合情報学部
雑誌名: 情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要
巻: 39
開始ページ: 1
終了ページ: 20
抄録: When we speak of sustainable development in the context of modern society, what does it actually mean? Here we would like to address the issue of environmental contamination and explore the conditions required to move toward human coexistence and symbiosis with the natural environment. Studying the effect of ‘environmental hormones’ and endocrine disruptors on the ecosystem, Theo Colborn confirmed the risk of ‘brain contamination’ through the food chain and ‘bio-accumulation’. The contamination of the ecosphere by environmental hormones - an issue which no modern human can avoid - is a ‘negative legacy’ contrasting with the economic wealth brought by modern rationality. In this article, we consider the role of the environmental ethics which societies and individuals will be required to practice in the near future and examines the role of ‘environmental management’ as a preventive policy carrying the morality of the modern organization.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/7882
ISSN: 1341156X
書誌レコードID: AN10484636
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第39号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20130810-01.pdf901.55 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP