関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
東アジア文化交渉研究 >
東アジア文化交渉研究-第 7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/8291

タイトル: 清末における日本語の辞書 一中国人学習者を対象として-
タイトル(その他言語/よみかな): A Study of Japanese Dictionaries in late Qing Dynasty -among Chinese Learners-
著者名: 陳, 娟
著者の別表記: CHEN, Juan
キーワード: late Qing Dynasty
textbook
dictionary
Japanese learning
Japanese recognition
論文発行年月日: 2014年3月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 東アジア文化交渉研究 = Journal of East Asian cultural interaction studies
巻: 7
開始ページ: 519
終了ページ: 532
抄録: No matter in what ages, the dictionaly is an indispensable tool for learning a foreign language, especially for the self-learners. In late Qing Dynasty, there was a stirring of interest in studying Japanese among Chinese intellectuals, when a wide variety of Japanese textbooks were published. Composing dictionaries requires far more profound understanding of the language and the culture,therefore,the publication of dictionaries was much later than textbooks. Compared to those of Western languages,Japanesedictionaries were of a smaller number and lower quality. There were only 14 Japanesedictionaries published by 1912. This thesis will provide a brief introduction and explanation to the 14 dictionaries,to demonstrate a glimpse of how Chinese people studied Japanese at the time.
内容記述: 文部科学省グローバルCOEプログラム 関西大学文化交渉学教育研究拠点
研究ノート
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/8291
ISSN: 18827748
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:東アジア文化交渉研究-第 7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-0400-20140331-33.pdf1.67 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP