関西大学学術リポジトリ >
0900 大学院の研究プロジェクト >
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 >
社会的信頼システム創生センター >
社会的信頼学 >
社会的信頼学-第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/8450

Title: 発達障害の子どもたちに,市の教育委員会とKU-RENKAが連携し,自然キャンプを実施する意味について
Other Titles: Reserch Note of the “KU-RENKA” Program -Practical Supports for Pervasive Development Disorder Children-
Authors: 石田, 陽彦
Author's alias: ISHIDA, Haruhiko
Keywords: レジリエンス
沢登り
ライフ・サポート
Issue Date: 31-Mar-2014
Publisher: 関西大学社会的信頼システム創生センター
Shimei: 社会的信頼学
Volume: 2
Start page: 73
End page: 79
Abstract: この短い資料の中で,筆者は広汎性発達障害の子どもたちと自然の中で行うキャンプについて,行う意味とその方法を簡単に示した.また,この広汎性発達障害児との自然キャンプは葛城市教育委員会の協力でKU-RENAが実施してきたものである.
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/8450
ISSN: 21868646
Appears in Collections:社会的信頼学-第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20140331-04.pdf343.62 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP