関西大学学術リポジトリ >
0020 学内研究費成果報告書等 >
学内研究費-社会安全学部 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/8851

タイトル: GPS波浪計を用いた南海トラフでの津波警報の過小評価の判定指標
タイトル(その他言語/よみかな): Numerical modeling to Avoid Underestimation of Tsunami Warning by Using GPS-mounted Buoys in the Nankai Trough
著者名: 門廻, 充侍
高橋, 智幸
林, 能成
著者の別表記: SETO, Shuji
TAKAHASHI, Tomoyuki
HAYASHI, Yoshinari
キーワード: 平成24~25年度関西大学研究拠点形成支援経費
論文発行年月日: 2013年11月
出版者: 公益社団法人 土木学会
雑誌名: 土木学会論文集 B2 (海岸工学)
巻: 69
号: 2
開始ページ: I_406
終了ページ: I_410
抄録: The 2011 Tohoku Earthquake of Mw 9.0 occurred and its tsunami attacked Japan. The tsunami warning issued by the Japan Meteorological Agency(JMA) was underestimated unfortunately. JMA updated the warning immediately by using tsunami waveform observed by GPS-mounted Buoys. Takahashi and Konuma (2007) pointed out that the present tsunami warning system would be underestimated for huge earthquakes around Mw 9.0. In this study, tsunami numerical experiment for more than three thousands earthquakes in the Nankai Trough was carried out. A model to estimate earthquake magnitude and to avoid the underestimation of tsunami warning by using GPS-mounted Buoys is proposed. And it was shown that the observed water levels by the GPS-mounted Buoys could estimate the maximum water levels at cities.
資料種別: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/8851
ISSN: 18842399
書誌レコードID: AA12508551
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:学内研究費-社会安全学部

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20131100-01.pdf2.51 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP