関西大学学術リポジトリ >
0020 学内研究費成果報告書等 >
学内研究費-社会安全学部 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/8854

タイトル: 和歌山県沿岸に設置した海洋レーダによる近地津波および遠地津波の観測性能に関する数値実験
タイトル(その他言語/よみかな): Numerical Experiment on Observation Capabilities of Oceanographic Radar on Far Field and Near Field Tsunamis
著者名: 岡本, 萌
門廻, 充侍
高橋, 智幸
日向, 博文
著者の別表記: OKAMOTO, Megumi
SETO, Shuji
TAKAHASHI, Tomoyuki
HINATA, Hirofumi
キーワード: 平成24~25年度関西大学研究拠点形成支援経費
論文発行年月日: 2014年11月
出版者: 公益社団法人 土木学会
雑誌名: 土木学会論文集 B2 (海岸工学)
巻: 70
号: 2
開始ページ: I_356
終了ページ: I_360
抄録: Two oceanographic Radars targeting tsunamis had been installed in Wakayama Prefecture in Japan. To study obeservation capabilities of the radars on far field and near field tsunamis, numerical experiments were carried out. After starting the operation of the radars, nine earthquakes occurred in the observation area, however, they were too small to be observed by the radars. Parameter study on near field tsunamis showed the radars can observe earthquake of Mw 7 and very shallow Mw 6. As a far field tsunami, the 2012 Haida Gweii Earthquake Tsunami arrived at Japan, however, the radars could not detect it because of very small velocity. Parameter study on far field tusnamis showed the main energy of tsunamis off Canada propagates northward, and Oshika Peninsula is suitable to observe the tsunamis.
資料種別: Journal Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/8854
ISSN: 18842399
書誌レコードID: AA12508551
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:学内研究費-社会安全学部

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20141100-02.pdf1.92 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP