関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
関西大学心理臨床センター紀要 >
関西大学心理臨床センター紀要-第 6号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/8987

Title: 2014年度 A市夏休み親子教室 実施報告
Authors: 顯谷, 美也子
石田, 陽彦
川崎, 圭三
Author's alias: ISHIDA, Haruhiko
Keywords: 発達障害
自己効力感
関係性
Issue Date: 15-Mar-2015
Publisher: 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床センター
Shimei: 関西大学心理臨床センター紀要
Volume: 6
Start page: 27
End page: 32
Abstract: A市では、学校生活において何らかの困難を有する子どもたちとその保護者を対象とした親子教室を昨年度から実施している。本稿では全4回の教室の様子を報告するとともに、子どもたちの関係性の形成や自己効力感・自尊心の育みについて考察する。最初は固かった子どもたちの表情は回を重ねるごとに柔らかくなり、子どもたちはゲームや自由遊びを通して、主体的に親子教室という場を作り上げていった。自ら遊びや関係性を展開させていくといった経験を通して、子どもたちの自尊心や自己効力感は育まれていったのではないかと考えられた。
type: Article
URI: http://hdl.handle.net/10112/8987
Appears in Collections:関西大学心理臨床センター紀要-第 6号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20150315-01.pdf393.86 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP