関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
関西大学心理臨床センター紀要 >
関西大学心理臨床センター紀要-第 6号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/8990

Title: 体験的な立場から見た無条件の肯定的配慮 Lietaer(1984)の論文の紹介
Authors: 中田, 行重
佐藤, 春奈
白崎, 愛里
須藤, 亜弥子
中西, 達也
Author's alias: NAKATA, Yukishige
Keywords: 無条件性
非指示性
クライエント中心療法
直面化
体験的療法
Issue Date: 15-Mar-2015
Publisher: 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床センター
Shimei: 関西大学心理臨床センター紀要
Volume: 6
Start page: 59
End page: 67
Abstract: 本稿は、体験的療法Experiential Psychotherapy 学派の論客であるLietaer, G. のUnconditional Positive Regard: A Controversial Basic Attitude in Client-Centered Therapy (1984)を要訳し、彼の見解が古典派に与えた影響と今後のPCT の展望について考察するものである。Lietaer は、無条件の肯定的配慮を、肯定的配慮、非指示性、無条件性の3 因子に分けて論述している。中でも無条件性の重要性について論じており、この態度を、Rogers の価値の条件づけに言及しつつ、セラピーの中での「バランス拮抗力」「逆条件付け」と定義している。また、Th 自身へ開かれていること(openness)が自己一致であり、Cl へと開かれていることが無条件の受容であるとして両者の密接な関係について述べている。さらに、CCT の文脈における直面化に触れ、承認できないCl の行動についてはTh 自身の限界をフィードバックし直面化させること、直面化は、Th の受容を支えとしてCl が自己に直面するよう促す過程であることを論じ、無条件性と直面化は矛盾しない概念であると主張している。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/8990
Appears in Collections:関西大学心理臨床センター紀要-第 6号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20150315-05.pdf345.25 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP