関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
関西大学心理臨床センター紀要 >
関西大学心理臨床センター紀要-第 6号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/8993

Title: Freire, E.による無条件の肯定的配慮論 ~古典的クライエント中心派の主要原理~
Authors: 中田, 行重
小野, 真由子
構, 美穂
中野, 紗樹
並木, 崇浩
本田, 孝彰
松本, 理沙
Author's alias: NAKATA, Yukishige
Keywords: 無条件の肯定的配慮
受容
プレゼンス
自己を脇に置く
共感的体験
Issue Date: 15-Mar-2015
Publisher: 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床センター
Shimei: 関西大学心理臨床センター紀要
Volume: 6
Start page: 89
End page: 96
Abstract: 古典的クライエント中心派の論客Freire, E. による無条件の肯定的配慮についての考え(2001)を紹介し、それについての考察を行った。Freire は、セラピストが自己を出来るだけ脇に置くほどプレゼンスを提供するという彼女独自の理論を基盤に、無条件の肯定的配慮が中核条件のうち最も重要であり、共感的理解と同じであるという、古典的クライエント中心派の考え方を解説している。その他、ここに紹介する論文は2 つの事例を掲載しており、無条件の肯定的配慮を具体的に考える上で刺激となる論文である。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/8993
Appears in Collections:関西大学心理臨床センター紀要-第 6号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20150315-08.pdf310.16 kBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP