関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
関西大学外国語教育フォーラム >
関西大学外国語教育フォーラム-第 9号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9547

タイトル: 国内の絵本美術館・児童文学館を訪ねて ―平成20年度国内研究員報告―
著者名: 石原, 敏子
著者の別表記: ISHIHARA, Toshi
論文発行年月日: 2010年3月31日
出版者: 関西大学外国語教育研究機構
出版者の別表記: Institute of Foreign Language Education and Research Kansai University
雑誌名: 関西大学外国語教育フォーラム
巻: 9
開始ページ: 79
終了ページ: 102
抄録: The object of my research as a researcher in Japan for the fiscal year 2008 was to enhance my understanding of children’s literature and picturebooks. The research project consisted of two components: one was to widen my knowledge of this area of study through communication with the specialists at Baika Women’s University, and the other was to research on the illustrations used for picturebooks by visiting museums specializing in picturebooks located in Japan. This paper reports the outcome of the latter, which involved visits to 62 institutions. 2008年度、国内研究員に任命された筆者は、絵本・児童文学の研究をテーマとして、梅花女子大学においてこれらの分野の研究を進めると同時に、国内における絵本美術館・児童文学館を踏査するという一年間の計画を立てた。この報告は、絵本美術館・児童文学館の踏査の成果の一部を公開するものである。訪問したすべての機関を数えると、のべ62件に達した。ここでは、絵本・児童文学に直接関わるもののみを取り上げることにした。参考として、全訪問機関を別表に挙げる。
内容記述: 研究展望
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9547
ISSN: 13472925
書誌レコードID: AA11755690
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学外国語教育フォーラム-第 9号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20100331-06.pdf557.4 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP