関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
外国語学部 >
関西大学外国語学部紀要 >
関西大学外国語学部紀要-第 6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9586

タイトル: A Detailed Glossary of Specialized English-Japanese Vocabulary Related to the Praxis of Tea According to The Enshû School: Part Three: M ~ R
タイトル(その他言語/よみかな): 遠州流による茶道にかかわる専門用語の英訳と詳解:第三部:M ~ R
著者名: A. Stephen, Gibbs
著者の別表記: アントニー・スティーヴン, ギブズ
汲月庵宗駿
Kyûgetsu-an' Sôshun'
キーワード: distinctions among utensil-types
method of handling; manner of movement
social or aesthetic purpose
the spiritual within the kinaesthetic
道具類の識別
扱いや所作
社交的・美的目的
所作中の精神
論文発行年月日: 2012年3月
出版者: 関西大学外国語学部
雑誌名: 関西大学外国語学部紀要 = Journal of foreign language studies
巻: 6
開始ページ: 17
終了ページ: 40
抄録: これは、交換留学生のみならず、我が外国語学部の学部生の中での茶道を嗜もうと思う学習者のためにも書かれたものであり、しかも教科書めいた参考資料のつもりなので、多少なりとも内容の反復が必然的に多くありましょう。當流独特な道具の好み、道具の扱い方、所作、および気持ちの持ち方を、元の和語なる専門用語と筆者なりの英訳を中心として、茶道遠州流による茶の湯の精神・心構えを英語で表現してみた試みの一つです。 Items have been arranged in alphabetical order of the most important content-word. Thus,‘abstract signature’ is followed by ‘alcove examination’, and then ‘axis-of-seat, the host’s permanent’. Key words that are, in turn or already, themselves glossed are shown in bold font. Since this glossary is designed to be consulted at need, rather than read continuously, the glosses inevitably comprise a certain amount of repetition, especially with regard to the Japanese supplied.
内容記述: 研究論文
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9586
ISSN: 18839355
書誌レコードID: AA12450939
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学外国語学部紀要-第 6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20120300-02.pdf703.57 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP