関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第61巻 第3・4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/9705

Title: 生存権・福祉国家・共和主義 : バーク対ペイン論争を再考する
Other Titles: Right to Life, Welfare State, and Republicanism : Rethinking the Burke-Paine Controversy
Authors: 中澤, 信彦
Author's alias: Nakazawa, Nobuhiko
Keywords: エドマンド・バーク
トマス・ペイン
生存権
福祉国家
共和主義
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
Issue Date: 10-Mar-2012
Publisher: 關西大学經済學會
Shimei: 關西大學經済論集
Volume: 61
Issue: 3-4
Start page: 173
End page: 205
Abstract: 本稿は、「人間の権利」をめぐるエドマンド・バークとトマス・ペインとの論争を、2つの新しい観点から考察することを試みる。1つには、バークが批判しペインが擁護に努めた人権(人間の権利)としての「生存権」、および、それによって基礎づけられている「福祉国家」の構想を、経済思想史および共和主義思想史の文脈上に位置づけたい。経済思想史研究と共和主義思想史研究は「貧困問題の解決」という論点を介して密接な関係を有していることを、近年の研究は強調しつつある。こうした関係を強く意識しながら、改めてこの有名な論争を振り返りたい。もう1つは現代的な観点である。 バークとペインとの論争は、近年の議論を先取りするかのように、人間と国民(市民)、人権とシティズンシップ、現世代と未来世代、自由市場と福祉国家との緊張関係をあぶり出しており、人権という思想の偉大さと困難を見事に浮き彫りにしている。今日の日 本において人権保障のあり方が直面している問題を考える際の有益なヒントが、この論争には数多く含まれているように思われる。本稿ではそのヒントをできるだけ広範に掘り起こしたい。
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9705
ISSN: 04497554
NCID: AN00046869
Series/Report no.: 経済学文献季報分類番号;01-21;03-43;15-82;15-83;15-84;15-86
Text Version: publisher
Appears in Collections:關西大學經済論集-第61巻 第3・4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20120310-01.pdf1.06 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP