関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第62巻 第4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9733

タイトル: ドイツから見た日本職業訓練制度史論 : TWI監督者訓練法の与えた影響
タイトル(その他言語/よみかな): With Regard to the History of Postwar Japanese Vocational Training System and the Introduction of TWI Supervisor Training Programs in Japan
著者名: 大塚, 忠
著者の別表記: OHTSUKA, Tadashi
キーワード: 養成工制度
養成契約
養成指導
技能検定
多能的熟練
単能的熟練
OJT
TWI
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
論文発行年月日: 2013年3月10日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 62
号: 4
開始ページ: 311
終了ページ: 345
抄録: ドイツの公的職業訓練制度を基準に、戦後日本で試みられた技能工養成制度に焦点を当てドイツの制度に近くなるには、どんなところが制度設計上欠けていたのかを「技能工養成規定」と58年職業訓練法を中心に検討した。すでに職業訓練法の体系が構築される時点で、日本の職業訓練は大きくドイツからは離れてしまっていた。企業内養成制度の域を超えるような社会的規制は高度成長の中で失われていったのである。技能向上のために長期のオールラウンドの徒弟的訓練をする必要がなくなったことが背景になっていた。TWIプログラムの企業内定型訓練化がそれを可能とした。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9733
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号;07-32;10-40;10-71;15-31;15-33
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第62巻 第4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20130310-02.pdf718.67 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP