関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
経済学部 >
關西大學經済論集 >
關西大學經済論集-第63巻 第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9741

タイトル: TWI監督者訓練プログラム導入の歴史的意義 : TWIプログラムの開発
タイトル(その他言語/よみかな): Developments of TWI Programs during War Time in America and their Installing in japanese Industries after the War
著者名: 大塚, 忠
著者の別表記: OHTSUKA, Tadashi
キーワード: 作業分解
訓練予定表
作業ステップ
キーポイント
4段階法
IE
訓練序列
ショップスチュワード
スタッフによるライン支援
関西大学
Kansai University
関西大学経済論集
論文発行年月日: 2013年9月10日
出版者: 關西大学經済學會
雑誌名: 關西大學經済論集
巻: 63
号: 2
開始ページ: 91
終了ページ: 123
抄録: 前稿「ドイツから見た日本職業訓練史論- TWI 監督者訓練の導入」に引き続いて、本稿ではTWI プログラムの開発エピソードを中心に論じた。アレンの1919 年のThe Instructor, The Man and the Job は、TWI が「仕事の教え方」プログラムを開発する原典だったということがわかった。『TWI Report 1940-1945』の序文は、プログラムに新しいことは何もないと書いているが、プログラムは広い意味で当時のアメリカのIE の思想とテクニックが最大限動員され、工場現場で使えるように翻訳され、実効性を何度も試されて開発にいたったものであることが明らかになった。プログラム推進に関連して新たな論点、と思われる企業内訓練システムがTWI によって提案されたこともわかった。Upgrading 策である。 Upgrading の実施は、アメリカの内部労働市場の形成の基盤をなすという仮説を筆者はもった。本論文はともあれ、TWI プログラムの全体像を描こうとしたものである。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9741
ISSN: 04497554
書誌レコードID: AN00046869
シリーズ番号/レポート番号: 経済学文献季報分類番号;07-32;10-40;10-71;15-31;15-33
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:關西大學經済論集-第63巻 第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20130910-01.pdf14.85 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP