関西大学学術リポジトリ >
1200 教育推進部 >
教育開発支援センター >
関西大学高等教育研究 >
関西大学高等教育研究-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9788

タイトル: 学生同士による問題作成を取り入れた会計教育におけるモバイルラーニングの授業設計と組織的支援の構築
タイトル(その他言語/よみかな): Design and Assessment of Mobile Learning for Accounting Education by Making Examination and Teacher's Support
著者名: 岩﨑, 千晶
柴, 健次
著者の別表記: IWASAKI, Chiaki
SHIBA, Kenji
キーワード: 会計教育
モバイルラーニング
協同学習
組織的支援
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2015年3月31日
出版者: 関西大学教育開発支援センター
雑誌名: 関西大学高等教育研究
巻: 6
開始ページ: 11
終了ページ: 19
抄録: 本研究では,会計教育において学生同士による問題作成を取り入れたモバイルラーニングの授業を設計,実践し,その評価を行った.教育実践に加えて,教育実践を支える支援体制も評価対象とし,実践の効果と課題を提示することを研究の目的とした.評価の結果,学生は重要概念の確認を意識した問題を作成できており,授業で学んだ概念を応用できるような解釈へとつながっている様子が示された.一方で,問題作成の質にばらつきが見受けられるなど問題の質を向上させることや,自律的に学ぶことに関して課題を抱える学生がいることも明らかになり,今後改善に取り組む必要性が指摘された.組織的支援に関しては,授業設計やICT スキルに関する支援者が加わることで,実践を円滑に進められていることが示され,ICT を活用した教育実践には組織的な支援が重要な役割を果たすことが確認された.
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9788
ISSN: 21856389
書誌レコードID: AA12626037
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学高等教育研究-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1200-20150331-02.pdf990.11 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP