関西大学学術リポジトリ >
1200 教育推進部 >
教育開発支援センター >
関西大学高等教育研究 >
関西大学高等教育研究-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9789

タイトル: 学びに活用するルーブリックの評価に関する方法論の検討
著者名: 山田, 嘉徳
森, 朋子
毛利, 美穂
岩﨑, 千晶
田中, 俊也
著者の別表記: YAMAD, Yoshinori
MORI, Tomoko
MOURI, Miho
IWASAKI, Chiaki
TANAKA, Toshiya
キーワード: ルーブリック
Rubric
学びの評価
Evaluation of Learning
評価の質
Quality of Evaluation
妥当化
Validation
質的研究
Qualitative Research
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2015年3月31日
出版者: 関西大学教育開発支援センター
雑誌名: 関西大学高等教育研究
巻: 6
開始ページ: 21
終了ページ: 30
抄録: 本稿では学びに活用するルーブリックの評価に関する方法論を検討する。ルーブリックを用いた評価が注目されるようになった背景を確認し、ルーブリックのタイプとその特徴を整理する。ルーブリックを用いた評価主体・方法に着目しながら、クラスルーブリック、コモンルーブリック、VALUE ルーブリックのそれぞれの活用実態を示す。また、先行研究の知見を踏まえ、ルーブリックによる評価にまつわる課題を指摘した上で、学びに活用するルーブリックの評価の質を保証するための方法論について検討する。特に、質的研究における妥当性に関する議論を手がかりに、ルーブリックを学びに活用するための知見を提示する。具体的には、ルーブリックの評価基準の妥当性の担保において、トライアンギュレーション概念が有効であるのに対し、ルーブリックの学びへの活用という点においては、妥当化、決定に至る足跡といった概念が有効であることを示す。最後に、評価活動への参加という観点から、学びとしての評価における学習メカニズムの仔細な検討が学びに活用するルーブリックの可能性を議論する上で重要な課題となることを指摘する。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9789
ISSN: 21856389
書誌レコードID: AA12626037
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学高等教育研究-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1200-20150331-03.pdf954.62 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP