関西大学学術リポジトリ >
1200 教育推進部 >
教育開発支援センター >
関西大学高等教育研究 >
関西大学高等教育研究-第6号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9794

タイトル: 大学における休・退学防止の検討 : 学内組織連携型の学生支援策に注目して
著者名: 岩崎, 保道
著者の別表記: IWASAKI, Yasumichi
キーワード: 退学:Withdrawal from school
休学:Temporary absence from school
学生支援:Student support
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2015年3月31日
出版者: 関西大学教育開発支援センター
雑誌名: 関西大学高等教育研究
巻: 6
開始ページ: 81
終了ページ: 86
抄録: 本稿は、大学における休・退学防止対策を検討するため、学内組織連携型の学生支援策に注目するものである。その展開として、休・退学問題を整理し先行調査を紹介したうえで、北九州市立大学が実施している「早期支援システム」に注目した。同制度は、欠席者を早期に発見し、出席を促すとともに、それぞれの学生が抱えている問題点を整理して、早期に学生の問題解決、あるいは改善を図るシステムである。同システムを導入した結果、一定の効果が表れている。休・退学率の増加は、社会的損失にもつながる問題である。多くの大学では退学の防止対策が大きな課題となっており、実効性のある学生支援策を全学的に検討する意義は高いと考える。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9794
ISSN: 21856389
書誌レコードID: AA12626037
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:関西大学高等教育研究-第6号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1200-20150331-08.pdf986.02 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP