関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-創刊号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9863

タイトル: 韓国近代における元暁の「和諍」論
タイトル(その他言語/よみかな): Won-Hyo’s Hwa-jaeng Theory in Modern Korea
著者名: 孫, 知慧
著者の別表記: SON, Ji Hye
キーワード: 和諍
元暁
近代仏教
韓国
日本
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2013年1月31日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 1
開始ページ: 233
終了ページ: 253
抄録: Hwa-jaeng (和諍)(harmonization) is one of the keyword in Won-Hyo (617-686) philosophy. Won-hyo generally known as Hwajaengguksa (和諍國師), mean National teacher for National unity and harmony, that is the penname given by King Sukjong (肅宗) in Goryeo Dynasty. But the meaning of Hwajaeng has been interpreted differently depending on the each era in Korea. In other word, it is reinterpreted depending on the political situation in Modern Korea. For example, Hwajaeng is reinterpreted as meanings of Chonghab(総合, integration) and Tongili(統一, unification), in the heat of revival of Koreanology and the reunification of North and South during the late of the twentieth century. This is the result of Korean nationalism. Another thing that can be pointed out that Won-Hyo’s hwa-jaeng theory, at that time, became forces lead to understand as ideological motto or slogan for the integration of religion in the korea ethnic situation, inironically. Anyway, now we need to be re-examine Wonhyo’s hwajaeng, especially modern times in Korea Buddhism, for a new perspective of research.
内容記述: 東アジアの思想と構造
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9863
ISSN: 2187-4395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-創刊号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20130131-12.pdf1.2 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP