関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第2号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9888

タイトル: 民族偉人としての元暁の近代的再生
タイトル(その他言語/よみかな): Wonhyo, a Symbol as a National Hero in Modern Korea
著者名: 孫, 知慧
著者の別表記: SON, Ji Hye
キーワード: 元暁
近代
民族
偉人
韓国
日本
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2013年12月1日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 2
開始ページ: 163
終了ページ: 183
抄録: Recognizing Wonhyo (617‒686) became a trend in Modern Korea, which shows various aspects of image construction, such as hero in Korea, reformer, symbolic person in Tongbulgyo (通仏教), Hwarang (花郎), etc. Among these features, this paper focuses on “the reevalution of national consciousness” and the “herolization of Wonhyo in modern Korea”. Though Wonhyo was seen to be the representative of high priest in the Silla Dynasty, he didn’t get deserved appreciation since Joseon Dynasty. However, he was reevaluated by Korean intellectuals in the 20th century. The reevalution of Wonhyo concentrates on the side of national existence and identity under Japanese imperialism, rather than the side of Buddhism doctrine or faith. His image was conceived as “the Pride of Korean people” for he abandoned going abroad to China, and then established unique teaching methods, rather than the view of a saint who got enlightenment as a disciplinant. This trend has been inherited and remained uncritically until now.
内容記述: 東アジアの思想と構造
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9888
ISSN: 2187-4395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20131201-09.pdf1.23 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP