関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9907

タイトル: 清末中国对日本教育学书籍的译介—以沈纮为例
タイトル(その他言語/よみかな): The Translation of Japanese Educational Works in the Late Qing Dynasty Shen Hong as a Case Study
著者名: 呂, 超
著者の別表記: LU, Chao
吕, 超
キーワード: 清末
翻訳
教育
沈纮
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2014年9月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 3
開始ページ: 99
終了ページ: 110
抄録: During the late Qing dynasty, enlightened intellectuals in China advocated Western learning, using Japan as an intermediary. In this context, studying in Japan and the translation of Japanese books became increasingly popular. Open minded scholars within China at this time started magazines and built schools in order to pave the way for the advancement of society. This paper first reviews the context and background of the Japanese to Chinese translation boom arising in the late Qing dynasty. Secondly, taking Shen Hong as a case study, I shall look at the general features of the translation of Japanese educational works during this period, in order to further reveal the unique characteristics of this cross-cultural event in Sino-Japanese history.
内容記述: 東アジアの思想と構造
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9907
ISSN: 21874395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20140930-06.pdf891.28 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP