関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9909

タイトル: 山田孝堂の学術と実践―幕末の懐徳堂・泊園塾と維新の〈実務家〉―
タイトル(その他言語/よみかな): Yamada Kodo-Theory and Practice Kaitokudo and Hakuen-juku in the Last Days of the Tokugawa Shogunate
著者名: 横山, 俊一郎
著者の別表記: YOKOYAMA, Shunichiro
キーワード: 懐徳堂
泊園塾
山田孝堂
産業振興
教育行政
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2014年9月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 3
開始ページ: 125
終了ページ: 139
抄録: Yamada Kodo was a graduate of Kaitokudo, a private educational academy in Osaka, Japan. As a politician he became involved in the educational administration of Shikama prefecture during the Meiji Restoration, and as a manager, he made eff orts to promote the local sericulture industry. This paper will focus on the relationship between Kodo and Hakuen-juku, another private educational institution based in Osaka.
内容記述: 東アジアの思想と構造
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9909
ISSN: 2187-4395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20140930-08.pdf1.13 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP