関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第3号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9913

タイトル: 20世紀前半におけるタイ国の強迫教育政策下の華人教育
タイトル(その他言語/よみかな): Chinese Education Under the Thailand Compulsory Education Regulations During the First Half of the 20th Century
著者名: 王, 竹敏
著者の別表記: WANG, Zhumin
キーワード: 20世紀前半
タイ国
中国語新聞
華人教育
強迫教育条例
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2014年9月30日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 3
開始ページ: 193
終了ページ: 203
抄録: There is a long history of Chinese immigration to Thailand, especially from the Chaozhou area. It can be sait that Chaozhou people are living examples of the saying “Where there is sea there are Chinese immigrants”. There was a continuing influx of the Chaozhou people, moving from China’s Fujian province to Thailand. This situation was particularly evident during the 17th to 20th centuries. After the revolution of 1911, Chinese intellectuals and businessmen in Thailand, aware of the “fundamentality of education” began to build schools in order to teach Chinese children living in Thailand the Chinese language. However these schools faced many difficulties. This paper will examine the school advertisements, educational reviews and articles published in the Shinbao and Thai-Chinese newspapers during the 1920’s to 1930’s. The purpose is to reveal the conditions of Chinese education during this period.
内容記述: 東アジアの歴史と動態
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9913
ISSN: 2187-4395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第3号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20140930-12.pdf1.05 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP