関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9922

タイトル: 从《中庸》“鬼神”章注释看日本江户时代 朱子学的受容、展开与变容
タイトル(その他言語/よみかな): Different Scholars’ Explanations on the Chapter of Ghosts and Spirits of The Doctrine of Mean:A Case Study on Zhuism’s Acceptance, Development and Change in Japan’s Edo Period
著者名: 傅, 锡洪
著者の別表記: FU, Xihong
キーワード: 朱熹
伊藤仁斎
中庸
鬼神

折衷
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2015年2月28日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 4
開始ページ: 87
終了ページ: 97
抄録: In Japan’s early Edo period, Confucian scholars Yamazaki Ansai and his sect of Zhuism inherit Zhu Xi’s interpretation of Chapter 16 of The Doctrine of Mean and emphesize that there are real ghosts and spirits and that its truth is affi rmed by the meaning of sincerity. Meanwhile, Itô Jinsai launches the Retro Confucianism Movement, which makes the Four Books, as the center of the Confucian classics system of Zhuism, collapse. Jinsai holds that Confucius could not be so positive to discuss the topic of ghosts and spirits, so he believes that chapter 16 is written by posterity and then inserted into The Doctrine of Mean. As a result, this chapter cannot connect with the upper and lower chapters, which negates the integrity and continuity of the text of The Doctrine of Mean. Jinsai’s assertion aff ects a number of annotators after him. From their interpretations and explarations of this chapter, We can see Zhuism’s acceptance, development and change in Japan’s Edo period.
内容記述: 東アジアの思想と構造
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9922
ISSN: 2187-4395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20150228-05.pdf831.14 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP