関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9927

タイトル: 藤岡作太郎批判- 復古大和絵概念の検討
タイトル(その他言語/よみかな): The criticism FUJIOKA Sakutarō ―A study of the idea of Fukko yamato-e
著者名: 日並, 彩乃
著者の別表記: HINAMI, Ayano
キーワード: 復古大和絵
藤岡作太郎
近世絵画史
岡倉天心
冷泉為恭
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2015年2月28日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 4
開始ページ: 3
終了ページ: 24
抄録: This work sets out the idea of Fukko yamato-e (restoration of Japanese painting). Fukko yamato-e was a movement at the end of the Edo period, focused on the restoration of a traditional style of Japanese painting based on the masterpieces of the Heian and Kamakura eras. This movement had been considered to have been started by TANAKA Totsugen, and succeeded by his pupil UKITA Ikkei or REIZEI Tamechika. But, in fact, they belong to different school. “Early Modern painting history” by FUJIOKA Sakutarō is thought to have first mention about this school. However, before he has published this book, “Kokka” was published the study of the idea of Fukko yamato-e. I consider that his research has followed this. In conclusion, I refer to an occurrence of the idea of Fukko yamato-e. This is an important key to comprehend the real state of affairs Fukko yamato-e.
内容記述: 東アジアの言語と表象
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9927
ISSN: 21874395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20150228-01.pdf1.21 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP