関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
東アジア文化研究科 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集 >
文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9934

タイトル: 『礼記』における女性観―儒教的女子教育の起点―
タイトル(その他言語/よみかな): Thought on Women Depicted in the Book of Rites The Origin of Confucian Girls’ Education
著者名: 任, 夢渓
著者の別表記: REN, Mengxi
キーワード: 『礼記』
儒教の女性観
男女の別
敬妻
夫義婦聴
夫婦の道
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2015年2月28日
出版者: 関西大学大学院東アジア文化研究科
雑誌名: 文化交渉 : Journal of the Graduate School of East Asian Cultures : 東アジア文化研究科院生論集
巻: 4
開始ページ: 99
終了ページ: 111
抄録: When speaking of Confucian thought on women, words like “男尊女卑”(Man is superior to woman)and “三従四徳”(Three Obediences and Four Virtues) might be recalled immediately. They are regarded as the feudal dross that oppressed Chinese women for three thousand years. For example, Chen Dongyuan (1902-1978)once said that it was “男尊女卑” that made women become the slaves and toys of men, and that was the product of Confucianism. However, such opinion was born in the context of social revolution, and using the modern concept to judge the values of old times is prejudiced, in my perspective. Therefore, this paper will discuss Confucian thought on women written in the Book of Rites (『礼記』), which is considered to be the beginning of girls’ education, to learn the creed of Confucianism on teaching women at that early period.
内容記述: 東アジアの思想と構造
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9934
ISSN: 2187-4395
書誌レコードID: AA12712795
著者版フラグ: publisher
出現コレクション:文化交渉 : 東アジア文化研究科院生論集-第4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20150228-06.pdf1.08 MBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP