関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
総合情報学部 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 >
情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第43号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10112/9948

Title: 大阪都市景観のCG復元と情報発信 ― 大阪文化資産のデジタルコンテンツ拠点の展開 ―
Other Titles: Development of digital content of cultural heritage of Osaka - Construction of center of digital content creation for cultural heritage of Osaka -
Authors: 林, 武文
井浦, 崇
黒田, 一充
高橋, 隆博
内田, 吉哉
櫻木, 潤
深田, 智恵子
Author's alias: HAYASHI, Takefumi
IURA, Takashi
KURODA, Kazumitsu
TAKAHASHI, Takahiro
UCHIDA, Yoshiya
SAKURAGI, Jun
FUKADA, Chieko
Keywords: 可視化
コンピュータグラフィックス
情報コンテンツ
歴史研究
関西大学(Kansai University)
Visualization
Computer Graphics
Information Content
History Research
平成24~25年度関西大学教育研究高度化促進費
Issue Date: 29-Feb-2016
Publisher: 関西大学総合情報学部
Shimei: 情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要
Volume: 43
Start page: 19
End page: 42
Abstract: 本研究は,映像やCG による可視化データを用いて,大阪の歴史や文化に関する情報コンテンツを開発し,市民に向けた情報発信を行うことを目的としている.関西大学では大阪近代から現代に至る歴史研究の成果として「大阪都市遺産アーカイブズ」を蓄積している.このデータに基づいた都市景観のCG 復元と歴史教育や地域振興のためのインタラクティブコンテンツの開発を行い,その有効性について検証した.This study aims at the development of new digital content of cultural heritage of Osaka and the dissemination of this content to the public. In Kansai University, the Osaka city inheritance archives have been developed on the basis of the history study of modern Osaka. We used the archives to develop an interactive 3D content for education and local promotion and investigated its efficiency through exhibitions in Osaka.
type: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9948
ISSN: 1341156X
NCID: AN10484636
Text Version: publisher
Appears in Collections:情報研究 : 関西大学総合情報学部紀要 -第43号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KU-1100-20160229-02.pdf27.11 MBAdobe PDF
View/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback Terms and Conditions of Use PAGE TOP