関西大学学術リポジトリ >
1100 学部・機構・専門職大学院 >
臨床心理専門職大学院 >
関西大学心理臨床センター紀要 >
関西大学心理臨床センター紀要-第7号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10112/9968

タイトル: スクールカウンセラーと教員の連携・協働に関する現状と課題
著者名: 長屋, 裕介
中田, 行重
著者の別表記: NAGAYA, Yusuke
NAKATA, Yukishige
キーワード: 連携
協働
スクールカウンセラー
教員
関西大学(Kansai University)
論文発行年月日: 2016年3月15日
出版者: 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床センター
雑誌名: 関西大学心理臨床センター紀要
巻: 7
開始ページ: 49
終了ページ: 56
抄録: スクールカウンセラーと教員の連携に関する課題や協働の必要性が指摘されている中で、本稿は、日本心理臨床学会第33 回、第34 回秋季大会の発表論文集から、近年の学校現場におけるスクールカウンセラーと教員の連携・協働の現状や課題について検討することを目的とする。計11 本の発表論文から現状を整理した上で、スクールカウンセラーと教員の連携・協働を円滑にし、活性化に繋がるためのそれらの在り方について検討した。①教員がスクールカウンセラーと一緒に課題に取り組んでいるといった意識の向上のための働きかけ、②教員の主体的な取り組み等の学内の援助資源の活用、③スクールカウンセラーの職務や時間のマネージメントが、連携・協働の在り方として示唆された。連携・協働における課題として、教員側からみた連携・協働や、それらの過程に関する研究が十分ではない中で、スクールカウンセラーと教員の双方を研究対象とし、過程を明らかにするための実践調査の蓄積の必要性が考えられた。
資料種別: Departmental Bulletin Paper
URI: http://hdl.handle.net/10112/9968
出現コレクション:関西大学心理臨床センター紀要-第7号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KU-1100-20160315-01.pdf691.62 kBAdobe PDF
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! Powered by DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください ご利用にあたって PAGE TOP